ドラマ”感想”記事の考え方・基本的な操作を知る

ドラマ記事を書く上で大事な考えと私の考え

責任者

ドラマ記事をなんのために書くのか。

目的をメインにした動画になります。

お客様や求めている人がいることを考えながら、

お仕事ができるとやりがいもでてきます。

技術だけあったとしても、不思議といい文章にはなりません。

気持ちが文章に出てしまうからです。

提供する方を喜ばせたいと思う気持ちを

持ちながら記事に取り組んでいただきたいと思います。

ブログの操作説明

責任者

基本のスキルのお話。

記事を書くための操作方法を網羅しています。

この動画で基本的なことはすべてできます。

ブログを書いたことのない人でもこれを見れば操作はバッチリです。

文書ソフトになれていれば、割と簡単に操作できるようになっています。

※アイキャッチ画像はトップ画像にならないように設定を変更しました。

そのため記事の上部トップに貼り付けるようにしてください。

PostSnippets補足

責任者

最後に貼り付けするPostSnippetsの紹介です。

貼り付けるモノをを間違えてしまうと、正しく表示されません。

配信会社は一覧にしています。

>>ドラマ配信会社一覧 調整中 ドラマ放送後順次確定

編集中ですので、今はメールでやりとりします

責任者

最後に貼り付けするPostSnippetsの紹介です。

音楽の所は”アーティスト名”の変更を忘れないようにしましょう

記事を書く上での知識

責任者

自分の経験を自分の言葉で書くようにしてください。

自分の言葉で書けば基本的にコピーコンテンツになることはありません。

大切なのは自分を通して伝えることです。

あなたを通して書く文章が一番

テレビ ⇒ 自分 ⇒自分の言葉で書く
本   ⇒ 自分 ⇒自分の言葉で書く

上記のように同じ内容(テレビ・本)があったとしても

あなたが理解して・あなたが書けば表現技法は全く異なったものになります。

責任者

上手に記事を書こうとして隣に文章を置いたまま書いてしまうと、

その文章のコピーを無意識にしてしまいますので、

一度読むのは構いませんが、

隣には極力置かないで文章を書くことをオススメします。

ここまでコピーコンテンツを厳しくする理由。

責任者

専門的な話になってしまいますが、

 

インターネットは検索をして

1ページ目しか検索している方には見られないのが現実です。

 

そこで私たちは、

検索された1ページ目の一番上に自分の記事が来てほしい

と考えます。

 

これは多くのサイト管理者が目指していることです。

そこでGoogleが推奨しているのは

責任者

良質なサイトを時間をかけて選び、

検索者にとって一番良いサイトが上に表示されるように”仕組み”作りをしています。

Googleが推奨しているのは

  • 文字量
  • 見やすさ
  • オリジナル生

などを最低限チェックしています。

※もちろんこれ以外のアルゴリズムはたくさんありますが、私たち極力注意するのは三点です。

ドラマ感想記事で大切な鮮度

責任者

記事の中には予告内容を既に入れていきます。。

番組終了後に早めに感想とおもしろかった部分を書いていきます。

特に終わったあとにすぐに感想記事を書くようにしてください。

 

見逃してしまったあとが一番効果的です。

 

また長く続いても基本的に一話前までを見るのが基本ですから、

終了後から一週間はブログとしての価値が高くなることになります。

 

つまり

 

ブログ内で

番組が始まる一週間前から、ライターさんの目線でおもしろそうな予告をしておく

 

ブログ終了後すぐに感想を書きます。

  • ドラマを見逃したかた
  • 噂を聞いて楽しみにしているかた

に情報を提供することになります。

 

この記事の特性上(予告+感想)なので

一週間前作業と終了後作業がありますのでご理解ください。

良質な記事を目指して納品お願いします。

責任者

私もサイトをしっかりしたモノを構築していこうと考えています。

いい加減なモノを納品されるとサイトの信頼性が問われますし、

なにより検索者にもいい思いをさせることができません。

 

最初はクオリティの高いモノはできないかもしれませんが、

時間をかけていいものを仕上げていきましょう。

 

ご協力お願いします。

 

続いて実際につかっても良いテンプレを

コピーして実際に作業をしてみてください。

>>ドラマ感想記事の構成 見本 コピペOK!! 継続版テンプレ

メモ帳バージョンはこちらです 「ドラマ感想記事の作り方構成 感想記事様式」。

構成の所まで見たら

「動画マニュアルを見終わりました。」とご連絡ください。

不明な点も合わせてご連絡お願いします。

責任者

作業が慣れてきた方はこちらも合わせて読むことをオススメします。

記事作成を早く行うテクニック集です。

>>記事を書く際に利用する応用技(Windows版)公開中。 記事を書くスピードを劇的に上げる!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。